アナログな営業リストから営業の電話。

研究の仕事って、研究だけしていればいいわけでは当然なくって、
結構営業をかけないといけない場合が多々あるんですよね。
いわゆるスポンサーを探すわけですけど。
展示会などで、うまく集まってくれること理想ですけど、
興味を持つ企業・人が必ずしも、展示会に来てくれるわけでもなくて、
結局アナログな営業リストから営業の電話ということをせざるを得ないんです。
当然、あたる確率は低く、自分が営業の電話きたらそれはそう対応するだろう、
という感じで、なかなかハートブレイキングな仕事ですね。
ただ、うまく商談が決まった時は、もしかしたら研究成果が出る並みに嬉しかったりして、
人って単純ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です