大和市で葬儀らしい

海洋バイオテクノロジーの可能性に言及した新聞記事を閲読していたとき、
大和市での葬儀の情報が目に飛び込みました。
大和市の葬儀と海洋バイオテクノロジーの可能性にまつわる情報源が隣接していましたから、
否応なく視界に入るのは仕方がないことだと感じます。
偶然ではあるものの、大和市での葬儀の動向に注視しなくてはならない事情があるので
流し読みする覚悟を決めました。
知人は含まれていないと勝手に決めつけていると、想定と真逆の出来事が起こりました。
海洋バイオテクノロジーの可能性よりも閲読するべき優先度が高くなり、
大和市の葬儀の実情を把握し終えると身支度を始めることになります。
着替えが済むと、新聞を片付けることなく葬儀会場へ向けて出発しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です