アナログな営業リストから営業の電話。

研究の仕事って、研究だけしていればいいわけでは当然なくって、
結構営業をかけないといけない場合が多々あるんですよね。
いわゆるスポンサーを探すわけですけど。
展示会などで、うまく集まってくれること理想ですけど、
興味を持つ企業・人が必ずしも、展示会に来てくれるわけでもなくて、
結局アナログな営業リストから営業の電話ということをせざるを得ないんです。
当然、あたる確率は低く、自分が営業の電話きたらそれはそう対応するだろう、
という感じで、なかなかハートブレイキングな仕事ですね。
ただ、うまく商談が決まった時は、もしかしたら研究成果が出る並みに嬉しかったりして、
人って単純ですね。

開始1時間あたりで水漏れ。

「海底二万マイル」たまに見たくなります。
海の映画にはロマンがあると思うのです。
もちろん潜水艦じゃなくても「グランブルー」の潜水士でも「エンドレスサマー」のサーファーでも、
海ならロマンが広がる気がします。
私は海系の映画が公開されたら、とりあえず見に行くことにしています。
(地方なので、そんなに映画がこないから案外簡単です)
映画の中のテクノロジーは、時代に合わせ進化していて凄いなー、って毎回思いますけど、
どんなにテクノロジーが進んでも潜水艦系は、開始1時間あたりで水漏れを始めますから
いろんな意味で感慨深くなりますね。
テクノロジーだけが全てじゃないんだ?!と気づかせてもらいます。
そういう意図があるかないかは別にしてですけど。

ある意味、資源の蛇口水漏れみたいなもの。

ミドリムシのユーグレナが注目を浴びていますね。
培養には海を使っていますから、これも海洋バイオテクノロジーといっていいでしょう。
懐かしのバシャールなどでも、未来は単体の食品だけで人間の構成を維持できる
という話が出ていましたらから、ユーグレナはその前身と考えられるかもしれませんね。
ただ、バシャールでは豆でしたけど。
人の世界は、余計なものは多いのに必要なものはたりないですよね。
ある意味、資源の蛇口水漏れみたいなもので、無駄使い。
正直、食の進歩をどんな問題より最優先で行うべきだと思うのですけど、
私が言えたことではないですよね。

出たら携帯買取で中古を待たず絶対予約して買う!

何度も何度も思うのが、生活防水でなく完全防水の携帯を出してくれということ。
通話のみでいいです。
できることならカメラもあった方がいいけど無理は言いません。
「tleeeeee、もしもし、あ、うん、今、海にいるんだよね~。
そう海岸じゃなくて、海の中。あ、うん、うん、そう」みたいな。
まあ、きっと今の携帯でも無理をすればできるのかもしれないんですが、
私が言いたいのはそういうことではなくて、ストレスフリーで海で会話を楽しみたいんですよ。
出たら、携帯買取で中古を待たず絶対予約して買うんですけどね、
というか防水系で中古は怖いってのもありますけど。

研究室の掃除を何でも屋さんに依頼

海洋バイオテクノロジーの可能性について、正しく理解をしたい場合には、
優秀な経験を持つ何でも屋に相談をすることが大事です。
近頃は、何でも屋の料金体系やサービスの内容に関して、
様々な情報誌で特集が組まれるようになっており、多少なりとも知りたいことがあれば、
十分に知識を得ることが必要となります。
何でも屋の依頼の方法は、一般の消費者であっても、すぐに対応をすることができるため、
多忙な生活を過ごしている現代人からの注目度が高まっています。
人気の高い何でも屋のサービスのメリットについては、口コミサイトなどにピックアップされることもあり、
今や幅広い年代の日本人にとって、無くてはならないテーマとして位置付けられるようになっています。

大和市で葬儀らしい

海洋バイオテクノロジーの可能性に言及した新聞記事を閲読していたとき、
大和市での葬儀の情報が目に飛び込みました。
大和市の葬儀と海洋バイオテクノロジーの可能性にまつわる情報源が隣接していましたから、
否応なく視界に入るのは仕方がないことだと感じます。
偶然ではあるものの、大和市での葬儀の動向に注視しなくてはならない事情があるので
流し読みする覚悟を決めました。
知人は含まれていないと勝手に決めつけていると、想定と真逆の出来事が起こりました。
海洋バイオテクノロジーの可能性よりも閲読するべき優先度が高くなり、
大和市の葬儀の実情を把握し終えると身支度を始めることになります。
着替えが済むと、新聞を片付けることなく葬儀会場へ向けて出発しました。

海洋バイオ関連の事を家庭教師に教えてもらった

せっかく家庭教師を依頼するなら、東大生にお願いしたい
と考えているご家庭も多いのではないでしょうか。
大学生に家庭教師を依頼するとき、分かりやすく教えてもらえること、
よい刺激が受けられることなどがポイントになります。
分かりやすく教えてもらえるという点については、東大の家庭教師にこだわらなくても、
教え方の上手な先生はたくさんいますので、
苦手な分野で相性のよい先生を探すのがおすすめです。
その一方、東大の家庭教師ならではのメリットもあります。
大学受験に向けた刺激となるという点で、「東大」はよい目標になるのではないでしょうか。
学生さんが専攻する「海洋バイオテクノロジーの可能性」について教えてもらうことで、
その講座を目指すきっかけにもなります。

施工図の事で相談していたのに

施工図のことで相談をしていた時の事だったのですが、
たまたまテレビで海洋バイオテクノロジーの話題が流れてきてそちらの方に興味が傾いてしまいました。
すると驚いたことに相手は以前海洋バイオテクノロジーのことを勉強をしていたことがあるということで、
事細かく基本的なことを教えてもらうことができたのです。
そこまで、本格的な研究をしていたというわけではないのでしょうが、
素人の域を抜けている知識を持っていて関心させられてしまったほどだったのです。
結局その日は施工図のことで相談をするはずだったのですが、
自分もつい乗り気になってしまって相手の話を聞いていた結果、
ほとんどが海洋バイオテクノロジーの話で終わってしまいました。

autocad ltで書かれたタンカーの図面がすごすぎ

日頃、図面を描いていると自分が描いた物以外の多くの図面も目にします。
その中でも秀逸であったのが、autocad ltで描かれたタンカーの図面です。
最新版のautocad ltで描かれたこの図面はものすごく詳細に描かれていて、
大げさではあるけど1つの芸術作品のようでした。
autocad ltは、フルバージョンで無いにも関わらず、使える機能が満載で本当に助かります。
詳細で分かりやすい図面を描画出来るという事は、製作時に効率的に作業を進められると言っても過言ではありません。
特に、海洋バイオテクノロジーの分野は海の上に基地を建設する事もあり、図面の精度が多く求められると思います。
autocad ltの強力な描画サポートを使用すれば、それも難しくありません。